2006年06月30日

胎児は音楽を聴いている!?

(続き)

 私ごとで恐縮だが、女房は長男を出産する10日ぐらい前までピアノを弾い

ていた。大きなお腹がもうちょっとで鍵盤にぶっかりそうな、はた目には不

格好な姿勢でだ。

 そもそも女房が本格的にピアノを習いはじめたのは妊娠3ヶ月ぐらいのとき

だった。なぜ妊娠中に習いはじめたかというと、つわりがひどく、少しでも

苦痛から逃れたいがためだったのである。けっして胎教のためではなかった

のである。

 胎教の目的ならべつに大きなお腹をかかえて、わざわざピアノを習うこと

もあるまい。そんなことをするより,ステレオで名曲・名演奏を聴いていた

ほうが、はるに効果があるというものだ。そんなことは百も承知で女房は毎

日ピアノの前に向かった。

 そうこうしているうちに、女房はバイエルの66番と74番を上手(うま)く

弾けるようになっていた。


 やがて長男を出産。赤ん坊は鳴くことが“商売”などというが、よくまあ

泣く子であった。なかなか泣き止まないときなどは、どこか悪いのではない

かと心配したものだが、そんなとき、女房は思い出したようにピアノに向

かうのである。曲はバイエルの66番と74番だ。

 するとどうだろう、さっきまであんなに泣いていたのがウソのように泣き

止むではないか。胎教については以前から知識として知っていたが、自分の

子供で、“実験”できたことは、いまにして思えば幸運だった。

 胎児は母体を通して外の音を聞いていたという証明だが、検証するにはい

かんせんデータ不足。次男のときは胎教の実験はせず、夜泣きがなかなか止

まらなく困ったときは、近所の神社に行って「虫ふうじ」のお札をもらって

きたら、ピタリと泣き止んでしまった。

 いやはや、世の中は不思議なことだらけである。
posted by サウンドマジック at 03:46| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

胎児は音楽を聴いていた!?

 皮膚伝導・骨伝導が解明されてくると、胎教についてもっと真剣に取り組

むべきではないかと思う。

 胎内にいる赤ん坊は目が見えなくても耳は聴こえているということが医学

的に証明されている。この事実をふまえて、生まれてきた赤ん坊がぐずって

いるときに、母親の胎内で流れる血液の音を聞かせると落ち着くという記事

を何かの雑誌で読んだ。

 生まれて間もない赤ん坊は、いままで胎内で聞こえていた母親の心臓音な

どを聴くことで安心感を覚えるのだろう。胎児が音楽を聴いていたことを裏

ずける興味深い話だ。

 母親がイライラしたり不安や恐怖を感じたりしたときは、胎児もなんらか

の影響を受けていることを肝に銘じておきたい。

(続く)
posted by サウンドマジック at 05:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

S君が“世界地図”を描かなくなった日

 子どもの心配は親にとっても心配で、小学5年生になるS君はいつまでたっ

ても布団に“世界地図”を描く。とくに冬場は毎日のように“名人芸”を披

露してくれる。 

 S君家の心配は、S君が6年生になるまでにおねしょが治るかどうかという

ことだった。6年生になると、寝泊りキャンプや修学旅行がある。もし、そ

んなところで“世界地図”を描きでもしたら・・・である。(中略)

 さて、こんな状態だったS君、はたして6年生までにおねしょをしなくなっ

たのだが、きっかけは音楽を聴きながら寝るようになったからだという。

 S君が好んで聴いていた曲はテレビや映画のアニメソングである。とくに決

定盤となったのが以前に映画を観て知っていた『風の谷のナウシカ〜はるか

なる地へ〜』だった。

 物語は、主人公の美少女ナウシカが、「自然を大切にしょう。自然破壊を

食いとめよう」と人びとに声を大にして叫ぶというもので、S君は、布団の中

でこのオリジナル・サウンドトラック盤を聴いているうちに、おねしょの心

配なく、心やすらかな気分で寝られるようになったという。

 音楽を聴きながら寝るとおねしょをしなくなるという,一種の自己暗示か

もしれないが、S君の夜尿症はこうして克服されていった。

 先日、久しぶりでS君に会ったら、最近は『ドラゴンクエスト・イン・ブラ

ス』を聴きながら寝るといっていた。

 ちなみにS君がおねしょをしなくなったのは、“音響心理療法”をはじめて

2カ月ぐらいたってからだった。

posted by サウンドマジック at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

音楽を聴いて育った清浄野菜

 植物に音楽を聴かせると成長が早い、という話をかって人ずてに聞いたこ

とがあった。あり得る話なのでべつに気にもしなかったのだが、最近、音楽

を聴かせて育ったという野菜が実際に売られていると知って驚いた。

 音楽を聴いて育った清浄野菜、英才教育を受けたサニーレタス一袋100円な

どという世界が、冗談ではなく現実に存在しているのである。

 この“音楽を聴く野菜”を栽培しているのは山梨県甲府市郊外の竜王町に

ある農園。たんに奇をねらっただけのアイデア商法かと思いきや、しっかり

と科学的根拠に裏ずけられたところで展開されていたには脱帽した。

 大ざっぱにいうと、音楽による空気のこまかい振動で植物の葉を刺激し、

磁力を含んだ水によって根を刺激させるというもので、見た目には何の変哲

もない水耕プラントだが、その裏には音の振動や磁力などといった心にくい

仕掛けが施されているのである。

 スーパーの店員の話によると、この水耕栽培で育った野菜は、従来のもの

より約7〜10日生育が早く、質的にはやわらかく、甘味が若干強いそうだ。

posted by サウンドマジック at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

超音波を発信して交信する動物たち

(続き)

 動物が性行為時に発する超音波はラットのほかにマウスやハムスターが有

名だが、同じネズミの仲間でも種類によって周波数は違い、それぞれ固有の

パターンで愛を語っている。  

 この超音波が口からか出るのか鼻から出るのかはまだわかっていないが、

雌雄がちゃんと愛の合図として理解し、それに反応して行動しているのは不

思議だ。

 愛のいとなみではないが、イルカなどは超音波を発して仲間や親子のコミ

ュニケーションをはかっていることが明らかになっているし、超音波をレー

ダー代わりにして敵からの襲撃を探知していることもわかっている。
posted by サウンドマジック at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

超音波を発して交信する動物たち

 人間の耳では20〜2万ヘルツの周波数の音しかとらえることができないとさ

れているが、われわれの身のまわりにはそれ以外の周波数が飛び交ってる。

 人為的に作られたもの以外では自然界に棲息している蛾やコウモリが人間

には聴こえない超音波を発しているということが知られている。

 また,ラットは性行為中に5万〜6万ヘルツの周波数の声を出していること

も明らかにされている。

 もし、人間の耳に聴こえたら、発情期の犬や猫の啼き声以上にうるさいと

思うのだが、幸いなことにわれわれの耳ではとらえることができない。

(続く)
posted by サウンドマジック at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

牛には演歌、ニワトリには管楽器

(続き)
 
 牛に音楽を聴かせるというテレビ放映があった前後に、豚がディスコダン  

スを踊るというような話が海外トピックスで紹介された。残念ながら、ブラ

ウン管では豚のダンスはお目にかかれなかったが、動物と音楽にまつわる話

は聞くだけでも夢があって楽しい。

 このはかにも、最近、耳にした話では、養鶏場でニワトリに音楽を聴かせ

ているところがあるそうだ。これも乳牛と同様、音楽を流すと卵の産出量が

確実に増えるという統計があるらしい。ニワトリの場合は演歌じゃなくて管

楽器を中心とした音楽だそうだが、なんとなくわかるような気がしないでも

ない。
posted by サウンドマジック at 04:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

牛には演歌、ニワトリには管弦楽!

 最近では動物や食物に音楽を聴かせるという実験が各地で行なわれてる。

何カ月か前になるが、牛に音楽を聴かせている牧場がテレビで紹介されたこ


とがある。ご覧になっていた方もいらっしゃると思うが、音楽を聴かせた牛

の肉はおいしいというようなアピールをしていたと記憶している。実際の味

はさておいてもユニークな話題を提供してくれた。 

また、同じ牛でも乳牛に音楽を聴かせると乳がたくさん出るという話もあ

る。こちらは音楽が牛の“精神安定剤”になるとかで、統計的にいって確率

が高いそうだ。

 前者の肉用の牛も後者の乳牛も、聴かせて効果がある音楽というのが演歌

だというから面白い。牛と演歌がどう結びつくのか、想像だけでは語れない

が、詳しく研究されている方の報告を待ちたいものだ。(続く)
posted by サウンドマジック at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。